メインイメージ

150席サイズの飛行機が売れる理由

2012年ごろから、日本の国内線にも格安航空会社が続々と就航するようになって来ました。
それ以前にも、海外の格安航空会社は日本へ就航しておりましたが、2012年を境に、一気に格安航空会社に対するイメージが変わりました。
かつては、少し胡散臭くて危ない航空会社というイメージでしたが、現在では安くて便利な航空会社というイメージに変わってきたのです。
そんな格安航空会社ですが、大手航空会社で150席ほどの飛行機を多く導入しているケースが見られます。
それはなぜなのでしょうか。
まず、このサイズの機体はベストセラーであるということがあげられます。
これくらいのサイズの飛行機を製造しているメーカーは2社あるのですが、2社合計で10000機以上製造しております。
多くの飛行機が飛んでいるということは、その中古も多く存在するということです。
スケールメリットがあるということは、カタログ価格よりも安く購入できるということなのです。

recommend

口コミで評判の秋葉原の全身脱毛サロンランキング!
Copyright © スッキリ解決!交通手段の常識 All Rights Reserved.